オンラインカジノでもらったボーナスに必ずあるのが、ボーナス条件です。この条件を満たさないと、現金として出金することができず、少し厄介な存在です。ボーナスをもらう前にまずはこのボーナス条件がどんなものなのかを理解しておきましょう。

賭け条件

「賭け条件」とはボーナスマネーから得た勝利金をリアルマネーにするために賭けなければいけない金額のことです。各オンラインカジノのボーナス利用条件はに、通常「賭け条件◯倍」と表記されています。

これはボーナスマネーの何倍を賭けなければいけないかの乗数のことを表しています。

例えば、ボーナスマネー30ドル、賭け条件30倍の場合

30ドル × 30倍(賭け条件)=900ドルという計算になります。

900ドルをゲームプレイに賭け終えた時点で、勝利金があれば、その額を出金できるという仕組みです。

ボーナスを持っているときの出金条件の「消化の方法」は各オンラインカジノによって異なり、大きく分けて「一体型ボーナス」と「分離型ボーナス」があります。

一体型ボーナスと分離型ボーナス

さらに厄介なのが入金ボーナスとしてもらった際には、オンラインカジノごとによって一体型ボーナスと分離型ボーナスがあることです。その違いを覚えておきましょう。

一体型ボーナス

一体型ボーナスはリアルマネー、ボーナスマネーの両方に賭け条件がつきます。

例えば、入金30ドルして、ボーナスマネーを30ドルもらったとします。

そして賭け条件30倍の場合。

(30ドル+30ドル)× 30倍(賭け条件)=1800ドル

ボーナスマネーを現金として出金するには、1800ドル分を賭ける(消化する)必要があります。ボーナスの出金条件をクリアしない限り、リアルマネー分も出金することが出来ません。

分離型ボーナス

分離型ボーナスはボーナスマネーのみに賭け条件がつきます。

例えば、入金30ドルして、ボーナスマネーを30ドルもらったとします。

そして賭け条件30倍の場合。

30ドル × 30倍(賭け条件)=900ドル

ボーナスマネーを現金として出金するには900ドル分を賭ける(消化する)必要があります。

一体型ボーナスに比べて、賭けなければいけないベット額は少ないですが、先にリアルマネーが使われて、残高がなくなった後にボーナスマネーが使用されるという仕組みです。

リアルマネーで勝利金を得ればいつでも出金することが可能ですが、ただしリアルマネーを出金した際にボーナスマネーは削除されてしまいます。また、キャッシュをゼロにしないとボーナスマネーを使用できません。その代わり、リアルマネーで負けてもボーナスマネーがあるという安心感があります。

消化率

ボーナスマネーとしてもらったマネーを現金化するために賭ける行為をボーナスを「消化する」と言います。

賭け条件の消化率というものが各オンラインカジにサイトごとに決まっています。

例えば、消化率が100%の場合、スロットで1ドルベットで100回プレイしたとします。その場合は賭け条件を100ドル分消化したことになります。

消化率が10%の場合、1ドルベットで100回プレイしたら、賭け条件を10ドル分消化したことになります。一般的にスロットは100%の消化率で、ブラックジャック、ルーレット、バカラなどのテーブルゲームは10%程度に設定されています。

ボーナスを早く消化するには、消化率が100%のスロットゲームでプレイすることをおすすめします。

まとめ

賭け条件が低い程簡単に勝利金を引き出すことができ、中にはボーナスの賭け条件が無いオンラインカジノもあります。

もらえるボーナスの額だけにとらわれず、まずは賭け条件がどのくらいなのかを確認してから、ボーナスをもらうようにしましょう。